So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

みんなでひとつ [人]

20180122-1.jpg





20180122.jpg


 寒行2日目、今日が一番遠くて6時出発9時過ぎ帰着コースです。帰り着いて家族から「もう少しゆっくり歩いてもらわんと、後ろがついていけてない」と苦情が・・・時々後ろを振り返って、みんながちゃんとついて来れているか確認はしているのですけど。自分もやっと歩いているので後ろに合わせる余裕がないのです。


DSC20180123.jpg




DSC20180123-1.jpg


 お接待、美味しい食事を頂きました。毎年毎年ほんとうにありがたいことだと感謝しています。少ない人数でよくしてくださいます。「お弁当作るの大変でしょうからお茶だけにして下さい」と伝えているのですが、頑張って作ってくださっています。



 人生どう生きるか

 出来ることをしっかりと

 そうやって選び抜いて生きていく

 それが道になるのだと思う


 みんなで一つのことを成し遂げると

 歓びも大きいですね

 





nice!(1)  コメント(0) 

カレーで [仕事]

DSC20180122.jpg


 今日は朝からラジオで「今日はカレーの日!」と流しています。そんなわけでもないのですが、今年の寒行初日はカレーです。


DSC20180122-1.jpg


 鍋にドンと作って


DSC20180122-3.jpg


 約1時間15分、市内を回ってお寺に帰ったら、みんなで食法をお唱えして「いただきます!」 「うん、うめぇばい!」「みんなで食べるき、さらに美味しいねぇ」お褒めの言葉をいただきました。


DSC20180122-2.jpg


 本日は17名+2名の参加でした。うち、ご夫婦で参加が2組。来月手術を控えている方もいます。元気な方ばかりではありません。ボチボチというところでしょうか。


 家でじっとしていると寒くても、こうやって思い切って出てくると気も晴れるし、なんか清々しいですね。

nice!(6)  コメント(5) 

管区新春祈祷会 [仕事]

DSCF20180121.jpg


 本日は大分市神力寺での

 管区修法師会との共催祈祷会でした


DSCF20180121-1.jpg


 新しく造立した鐘撞き堂の横で


DSCF20180121-2.jpg


 今日は良いお天気に恵まれました

 天気予報では「関東地方は明日降雪10センチ以上のところもある」とのこと。お気を付けください。



 当寺では、明日月曜から土曜まで寒中唱題行脚を行います。



nice!(7)  コメント(5) 

光と花と [人]

DSC20180119-1.jpg





DSC20180119-2.jpg





DSC20180119-3.jpg


 愛することのできた人は愛され 惜しまれる

 一生懸命生きた人は たくさんの感謝で包まれる


 遺族の送りようを観ていると、いつもそう思います。慈しむ人は慈しまれる。愛情溢れる言葉と花で飾られ送られるようです。


 今日の葬儀では、ご主人が蘭を育てているのですが、まだ開花時期に当たらないので、奥様の棺には椿の小枝が入れられました。




 私は(自分の時は)庭にある花を少し入れてもらって送られたいと思います

 きれいな花が炎で焼かれるのは忍びないから




nice!(6)  コメント(3) 

温かなら思わず [人]

DSC20180119.jpg


 暖かな陽差しが降り注いでいました。「今日は夫の月命日なので息子とお墓参りに来ました。寒いときはもう買い物にも行きません。梅干しだけでも私はイイですから」とTさん。


 たしかに!風が冷たくて出歩きたくないときは、冬籠もりしていたほうが良いでしょう。冷蔵庫を開ければ食べ物が全くないということもないでしょうから。







 食べなくても人は生きられる・・というようなことはないので


 自国民の行為を誇りに思いながらその勇気を生かし切れない政治家の一人

 アベ総理を援護したい方々が驚きの言辞をなしています  


 先日のリトアニア訪問時の現職総理による杉原千畝記念館訪問。言うに事欠いて、「実は政府は八紘一宇の理念に基づいてビザ発給を許可していたのだ」という輩がいるんだそうですね。驚きです。もしそんな事情があるのだったら戦後外務省が、杉原氏を「47才で依願免官」退職に追い込むようなことはしないでしょうに。


 杉原氏はユダヤ人が国際社会に持つ力というのも考慮したと書かれていますね。単純に、一面的に頼り切る日本外交の弱さが戦前戦中もあったという証でしょう。今もアメリカべったりでほんとに一人前の独立国と言えるのかどうか。


 北風と太陽のように

 常に硬軟織り交ぜて思考し

 カードを操るように振る舞える

 

 批判するばかりで裏がない

 北風ばかり 熱い思いばかりで綾がない

 トップが意固地だと 下も同じように振る舞います

 修羅場をくぐり抜けていないので

 サラッと単純なんでしょうね


暖かな陽差しに誘われて 人も思わず外出するのに


nice!(10)  コメント(6) 

2018-01-18 [研修会]

DSCF20180117.jpg


 昨日は大分市で教師研修会並びに管区の新年互礼会でした。


 今回は「過去現在未来にわたる三世を仏教ではどう説くか」

 千葉県から赤堀上人を講師にお招きしての第3回目の講義となります。

 次回は秋に第4講として完結編を講義頂き、講義録を印刷します。

nice!(5)  コメント(0) 

ボクが私が [人]

DSC20180116.jpg

     クリスマスローズの花芽が少し出てきました




 先日葬儀を執り行ったおうちのお孫さんが口々に言っていたのが「もう一度おばあちゃんに逢いたいなぁ」ということ。


 確かに!元気な頃のお姿を想い出すと、「もう一度逢いたいなぁ」というのはよくわかります。火葬場でお骨になって出てきた姿が嘘のようです。関わりが深いからの思い出の数々が胸にしまわれて、想い出されるのを待っています。


 ♪ あんなことこんなこと あ~ったでしょう~ ♪





 今晩はMさんの叔父さんのお通夜だったのですが、安らかに棺に横たわる姿を見ると、ついこの間の法事でも「たいじょうさん」と名前で呼んでくれて可愛がってもらったことが想い出されます。家族や他の甥姪や、たくさんの方々がよくしてもらったのでしょうが、「なんかボクが私が一番可愛がってもらった・・」って、皆がそれぞれ思っているような、そんな方でした。  


 「もう一度ゆっくり逢いたいなぁ」そう思ってもらえるような人生を送りたいけれど、慈しむ、その気持ちが行いに表れないとダメですね。





 abe総理が「日程の都合上」ICANとの面会が出来ないのも、いのちを慈しむ・育てる気持ちがない表れだし、今の政権にとっての優先順位が低いということです。「もう一度会いたい」純な気持ちでそう思える権力者であって欲しいです。


nice!(7)  コメント(4) 

あなたなら 杉原氏 [人]

 アベ首相がリトアニアで杉原千畝氏の記念館を視察して、「杉原氏の勇気ある行動は世界中で高く評価されている。同じ本人として誇りに思う」  そう仰ったそうですが、多分彼の政権下ではそういう人材は出てこないでしょう。だって、文科省の次官を務めた前川喜平氏の事例を見れば明らかです。たてつく者は徹底的に叩く。人格攻撃だって厭わない。総理が関心があるのは「世界中で高く評価されている」ただその一点だけでしょう。当時杉原氏の行為は外交官として許されない、本省からすれば越権行為であったわけで、政権にたてつくものですから。彼が偉いのは権威におもねるのではなく、自分の立場が危うくなることを畏れず、純粋に、罪なきいのちを自分が出来うる範囲でどうすれば救えるのか、考えただけでなく実行したということです。誰にでも出来ることではないから世界中から賞賛されている。日本人として誇りに思うことは尊いけれど、彼にも私にも無理な行為です。アベ首相は抑圧する側の人間です。今も実際に難民認定には非常に厳しい基準を設けています。真に杉原氏の行為を尊び学ぶなら、少しはご自分に出来るこの国の最高権力者としての権力の使い方を変えるべきです。人材としての労働力移入には関心があっても、人権意識はゼロの権力者に誉められても杉原氏は苦笑いするしかないのではないでしょうか。


 人が人を認めることは素晴らしいことですが、

 人の行為を利用しようとする発言はさもしいですね。



 多分杉原氏ならこう言います


 「私は権力によって罪なき人が殺されないように、自分に出来ることをやりました。

  あなたは私のことを誉めて下さいましたね。

  次はあなたの番です。


nice!(11)  コメント(8) 

寒いけど [料理]

 外はご覧のように


DSC20180113-10.jpg


 本堂からの雨垂れがすっかり凍っています




 台所ではMさんがお下がりの鏡餅とサツマイモを使って


DSC20180113.jpg



DSC20180113-1.jpg



DSC20180113-2.jpg



DSC20180113-3.jpg


 きな粉にまぶして


DSC20180113-4.jpg


 パックに詰めて


 今日は新年初めての 一人親家庭の勉強会会場へオヤツの差し入れ


 月に2回ですが、彼女は言い出しっぺの私以上に心がけて差し入れしてくれています。


 頂き物のお菓子も良いけど、たまには手作りのこんな素朴なモノも良いでしょう。





nice!(14)  コメント(8) 

記憶では [記念日]

 子どもの年を数えれば確かに36回目になるはずの、昨日は結婚記念日でした。檀家さんのお嬢さんの連れ合いが博多天神に「リストランテ ファンファーレ」というお店を開いていて、その招待券を頂戴していましたので、せっかくなら記念日に!ということになったのです。岩田屋から歩いて3分くらいの立地の良さ。


DSC2018111.jpg



 最初にジャガイモとマメの濃厚で美味しいスープがあり、美しいイタリア野菜サラダがあって(途中までは他のお客さまに遠慮して写真は上の一枚だけにしようと思っていたのです・・が・・・きれいさと美味しさに負けて・・ついつい)


DSC2018111-1.jpg


 パスタと


DSC2018111-2.jpg


 鱈の白子が餡になっている ↑


DSC2018111-3.jpg


 黒牛と日田産の鹿から選べるメイン、これは黒牛


DSC2018111-4.jpg


 デザートも2種類から ↑ ティラミスと  ↓ お米とミカンとアイスと??


DSC2018111-5.jpg


 多分檀家さんからお嬢さん経由の情報だったのでしょう  最後に

 サプライズのチョコプレートでお祝いして頂きました(#^.^#)


DSC2018111-6.jpg


 全て目の前のキッチンとテーブルでシェフが作って盛り付ける、美味しい料理で感謝いっぱい。スマホ写真で(撮って)ほんとに申し訳ない、そんな気になる素敵なお店でした。また元気を頂いて頑張れます!




nice!(9)  コメント(5) 
前の10件 | -
メッセージを送る