So-net無料ブログ作成

深く [人]

008.jpg


 今月の教句は 「楽しみは 苦の あとから」



 元々の経文は


「深く諸々の邪見に入って(いる人は) 苦をもって 苦を捨てようと試みる」です。


一つの嘘をつけばそれを正当化するために次の嘘がいる、に通じるものがあります。


今があまりに苦しいから他の苦痛で紛らわそうとする。


紛らわせないどころか、もっと大きな代償を払わねばならなくなるかもしれないのに。


よこしまな考えというのはそういうものです。


 


nice!(4)  コメント(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る