So-net無料ブログ作成

エセ [いのち]

DSC20170806.jpg

           お参りの途中で  栗がだいぶ育って、明日は立秋です。 




 今日はアメリカによる広島原爆投下の日

 お盆参りで伺った家で黙祷のサイレンを聞きました。


 72年経っても被爆者や関係者の痛みが消えるわけではありません。それを無かったことのようにできる、その感性が問題なのです。核兵器の保持や使用も可能だと思えるその意識が、神をも畏れぬ傲慢さの現れなのです。他人を駆り立てるために、宗教心のない者たちが不遜にも宗教を語り宗教を利用する。靖国のように。


 平等性、普遍性、一貫性、永遠性、慈悲のない宗教は宗教ではありませんね。


 



 

nice!(4)  コメント(3) 

nice! 4

コメント 3

momotaro

> 神をも恐れぬ傲慢さ…
> 宗教心のない者たちが不遜にも宗教を語り…
まったくおっしゃるとおりです。
国家宗教を狙っているのですから、邪な話です。
by momotaro (2017-08-07 05:29) 

majyo

信仰心が無いのに靖国だけは利用する
あたかも亡くなられた方たちをダシにして
神をも恐れぬ傲慢さですね。
by majyo (2017-08-07 07:53) 

gonntan

momotaroさん 国家組織を利用した私的権力志向ですから

majyoさん 靖国だけは我が物のように利用する。あくどい話です。

by gonntan (2017-08-07 21:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る