So-net無料ブログ作成
検索選択

こたえる [人]

20151001.jpg
nice!(7)  コメント(4) 

素人みたい・・ [数々の失敗]

 20150928.jpg

 当の本人が「していない」と言っているのに、周りの人が「うんにゃしちょるばい」と嘘で言いくるめる  

 どうしてそんなことが白日の下にできるのか・・・この国だから??

 「だったら出してください」と、国会議員だったら追求しないとダメでしょう   

 不思議でなりません・・・

 

 関係者が明らかにするということは、まだ内部には心ある人がいらっしゃるということですね。

 心を失ったら、真の意味で生きているとは言えなくなります。


nice!(5)  コメント(5) 

ム~~ン [季節]

DSC20150927-20.jpg

 今晩の月

 

 


nice!(6)  コメント(6) 

だんだんに [人]

1443329393800.jpg

 1ヶ月が過ぎて、今日は第4日曜日   町掃除の日です。

先日の放生会で屋台が並んでいた通りも今朝は車が1台通るだけ・・・お祭り中も法被を着て火ばさみを持った方々が

ゴミ拾いしてらしたのでほぼゴミなし。たばこの吸い殻だけがあちこちに

         1443329403368.jpg

 

  今日は「孫の運動会に」「付き添いに」ということで、私も入れて7名でした。

年齢を重ねると、段々参加したくてもできない事情が出てきますね。


nice!(4)  コメント(2) 

それぞれに [花]

  DSC20150926.jpg

 

 

DSC20150926-1.jpg

 

 

  DSC20150926-2.jpg

 

 

DSC20150926-3.jpg

 

 

  DSC20150926-4.jpg

 

 

20150926-11.jpg

 

 

20150926-12.jpg

 

 

20150926-13.jpg

 

 先日お彼岸法要にお参りされた若いご夫婦は東京在住だそうです。シルバーウイークで帰ってこられて

ご両親と連れ立ってお参りにみえられました。

「私たち、8月30日の国会議事堂前のデモにも参加しましたし、ほとんど毎日あのあたりでデモに参加しています。

駅のコインロッカーに荷物を預けて会社の帰りに参加してる方、多いですよ。入れ替わり立ち替わりして、自主的に

皆さん声を上げてるんですよね」「あの辺りすっかり詳しくなりました」とお二人で笑ってました。

それぞれに、思い思いに声を上げる。みんな自分の命を生きてるんだもの。


nice!(8)  コメント(8) 

爆睡~ [ニャンコ]

    DSC20150925-5.jpg
nice!(7)  コメント(7) 

Facebookに [人]

DSC20150925.jpg

 

登録しました。知らない方々が次々と「お友達では?」と画面に現れても、大抵は知人の知人ですが

 

今朝何気なく画面を見ておりましたら、昨年亡くなった方の画像が・・・

身内の方もあえてそのままにされてるのかもしれません。生きた証ですね。

 

 

   DSC20150925-2.jpg


nice!(5)  コメント(5) 

認定式 [人]

昨日はお彼岸のお中日、法要と奨学生認定式と執り行いました。

奨学生、カンタカ奨学会が発足して13年目になります。今年は例年よりも応募者が多くて

6名の募集に13名の応募がありました。

檀家さんにとっても「私たちの寄付金をどんな子が奨学金として受けるのだろう?どんな文章を書いたのだろう?」

と思われてるでしょうから、彼岸会にお参りされた方の前での認定式と授与にしています。

今年は「お祖母ちゃんが日田から東日本大震災の被災地へボランティアに行っている」 『チーム大分』のことを

書いてくれたTさんに、みんなの前で読んでいただきました。チーム大分の責任者がうちの檀家さんです。

 

DSCF20150923-10.jpg

  小論は当山HPのカンタカ奨学会で全文読めます。

 Tさんも「特別なことではなく、細く長く続けること」と小論に書いてますが、私たちもそのつもりです。

戦後70年経って、今ほんとに私たちは「どのように生きたいのか」と問われる時代の転換点に巡り合わせました。

周りを見て空気を読んでれば良い時代ではなくなりつつあります。

後の方に負担を残さない終活も良いけれど、「面倒でも生きていく意思をハッキリと示す人」は尊敬されると思いますよ。

 

参議院与党の中曽根代議士は山本太郎氏のパフォーマンスを「参議院の権威を落とされた」と批判していますが、

一番落としているのは正面切って議論しなかった政府の姿勢だと私は思います。さらに言えば

特定秘密保護法を成立させて自分たちの職権を極限まで狭めた、その姿勢です。

政府の独走や独断を監査できないような法案を唯々諾々と飲むような代議士ばかりなら、衆参は不要といっても

良いかもしれません。権威以前の問題ですね。

 

面倒でも、細く長く、しっかりと生きていく意思を示して、行動が伴う。人は、そうありたいものです。

 

来年の選挙に向けて新3本の矢?

甘い言葉にだまされないようにしましょう。

衆参の委員会審議で嘘偽りをかましまくって恥じない人たちですから・・ご用心ご用心

 

    DSCF20150923-11.jpg

    お斎は奨学生と一緒にいただきました。 合掌し、食法を唱えてから・・・

 

 

 皆さんがお帰りになってからお賽銭を引きましたら、こんなものが入っておりました。↓

 DSCF20150923-12.jpg

ドナイショ??ですね


nice!(6)  コメント(5) 

あざとい [人]

20150923-1.jpg

20150923-2.jpg

 

 武器輸出で損失が出たらその分、保険で穴埋め

 

 貿易保険法を所管する経済産業省貿易保険課は「貿易保険は国策を進めるための制度で、政府が責任を負う必要がある。巨額な損失が出た場合は、国会の議論を経て、国が措置を講じるしかない」とする。

 

 巨額な黒字が出たときはどうするの?

 武器輸出は企業がある意味勝手に営業努力をしてやっていることです。原発と同じで損が出たら、事故があったら国が面倒を見るというのはあまりにもおかしな理屈ではないですか。巨大原発事故が起こっても誰も責任をとらないように、防衛装備品移転事業でも誰も責任を問われない、問わない構図が透けて見えます。こんなことはもう止めましょう。

 あざとすぎます。清浄な魂がボロボロと崩れていく、そんな音が聞こえてきそうです。


nice!(7)  コメント(5) 

目をそらさないで [人]

DSC20150922-1.jpg

時は彼岸

この迷いの岸から彼の悟りの岸へと 修行を修めるべき一週間ですが

 

私たちの国は この国の政治家は アメリカという 常に自国の国益を中心に据えて 

自由に軍を動かし 言うことを聞かない他国を力ずくで圧倒していく

そういう国と一緒に軍事行動できる法律を制定して

戦争という大河を渡る船に国民を乗せることを選びました。テロの嵐をくぐらせる道を選びました。

他国と戦うことよりも前に、国民主権を制限し、あらゆる自由を奪っていこうと画策するでしょう。

 

一人ひとりが目をそらさないで心して我が道を生きる。今年の彼岸はその1歩を踏み出す週となりました。

 

   DSC20150922.jpg

 

 

ツレウツ・時々てるりんさんの

SEALDs KANSAIの大澤茉実さんの言葉が素晴らしいので、

是非てるりんさんのところでお聞きください。

 

DSC20150922-2.jpg

 


nice!(8)  コメント(4) 
メッセージを送る