So-net無料ブログ作成
検索選択

それぞれの生き方 [人]

DSC_0814.JPG

 昨日は母の入所している園の夏祭り   踊りや花火、かき氷にジュースのお接待がありました。

母の入っている施設のお隣はまだ自由が効く方のケアハウス。「家で一人暮らしするより、ここはずっと快適よ~」

檀家さんも二組、入っていたんです。昨日知りました。にこやかな笑顔が印象的でした。

 

たくさんの職員さんがくるくると動き回ってサービスしてくださるし、終わった後の片付けも自分たちで、です。

Mさんが母を部屋に送っていく間にテーブルやイスの片付けのお手伝いをしましたが、人手は足りているようで、反って気を遣わせたのかなと思いました。

 

 

今障害をもって暮らしている人たちや家族のことが、相模原事件で注目を浴びています。犯人のこともよく知らないので簡単には言えませんが、こちらに書かれていることが判断の材料になりそうです。

どう生きたいのか、どのように生きていけるのか、すべての人が自身に問うべき問題です。


nice!(5)  コメント(4) 

夏本番 [人]

   DSC20160730-2.jpg

  鱈の胃袋(タラオサ)の煮物できました^^   「圧力鍋で煮たから骨まで食べられるよ!」 ゴボウと甘辛く煮たタラオサ、郷土の味ですね。って言っても、うちでは子供の頃食べた思い出がなく、私が食べるようになって15年もたたないような気がします。Mさんは海沿いの町生まれですが、「母は働いてたからねぇ・・子供の頃おばあちゃんが作ってくれてた」と言います。ご飯のにアテに、お茶をかけて食べるとか、おいしいそう~~

 

 

 きょうは土用の丑の日で、日蓮宗ではご祈祷の日。子供の疳の虫封じや大人の頭痛封じに今日は良い日だと、言い伝えられており、各地のお寺で修法が執り行われたようです。

DSC20160730-1.jpg

 

 修法師の資格を持たない三男も、助経といって横でお手伝い。小僧さんは昔からこうやって隣でお経を読み、木鉦の叩きかたを覚えておりました。

 

     DSC20160730.jpg

 子どもから大人へ      その地の食を食べ、通過儀礼に浴し、修練を通じて人は人となるのですね。


nice!(6)  コメント(5) 

環境権が一番に? [いのち]

DSCF20160728.jpg

 

 今日は本来ならばキャンプ初日だったはずなのですが

 14回目にして応募者が一人もおらず、中止となりました。そこで、午後1時の信行会を終えて

三男と川遊び^^  いつもの山国川です。

DSCF20160728-1.jpg

 ヤマセミが一羽飛んできましたが、捉えきれず  「あっヤマセミ~~」と言ったらもうあっちに飛んで行ってしまいました。

 

DSCF20160728-2.jpg

 

 こんなところで遊べる者は幸せです。

 

 と こ ろ で ・・・・

 環境省はキロ当たり8000ベクレルという従来基準の80倍の放射能廃棄物である汚染土壌を、指定解除して全国の公共事業に使えるようにしました。

 8000ベクレルというのは、従来の基準である100ベクレルまで下がるのに170年かかると言われる汚染度ですよ。環境を一番に考えねばならない官庁が率先して全国へ放射能汚染を広げるかのような意気込みです。そんな日本の現状なのに

 管官房長官や磯崎なんたらは、改憲のお試しは「環境権から」なんだそうです。誰にも反対されない、公明党が改憲なら環境権をと言っているから貸しが作れる・・・でも、ジミントウの改憲草案にはそもそも環境権なんか書き込まれていない!という指摘

 

 こういうのを

 イイ根性してるね!って言うんですよね

 

 環境権を一番にと言うなら、まず再生可能エネルギー事業への本格的な支援でしょう。そうして原発は再稼働させないし、もんじゅも廃炉へ。放射能廃棄物は移動させない。そういうできることをちゃんとやれば、環境権をわざわざうたう必要はない。政府が自分の足を縛るような条文を作るはずもないし。だって、立憲主義なんて知らないんですから。

 

 

DSC20160728-10.jpg

 山の中の田舎料理   タラの胃を甘辛く煮て食べるお盆料理、初めてMさんが挑戦してくれるそうです。「身近なものが普通に食べられる」「普通に遊べる」「地産地消ができる」  そういう環境を大事にせねばなりません。

 

 立憲主義の縛りを知らない政府が作る環境権・・・どんな想定なんでしょうね・・・・

 


nice!(8)  コメント(6) 

2016-07-27 [旅行]

宮崎2日目は、大分市内によって帰るだけですから

前から行きたいと思っていた、美郷町の「西の正倉院」へナビをセットしました。最短最速で・・・・

西の正倉院は百済の王族が逃れてきたと言われる地に建てられたものです。鶴富屋敷が平家の落人伝説であるように、九州山地の山々山に囲まれた場所なのです。

 

20160727-5.jpg

 こんなトンネルをいくつか通って、

20160727-4.jpg

 全く対向車の来ない道を走って走っていましたら、来ないはずです・・・あと30分くらいで着くはずの場所で、時間帯通行止めになっておりました ><   それも、道が細くて「対向車が来たらずっ~~とバックするしかないとこだねぇ」なんて軽口を叩いていたところ・・そういえば先日来た義兄が「人吉から椎葉村は道が狭くて車一台がやっと通れるような道路だった。昔通ったことあるけど、万が一対向車があったらバックで500メートルくらい戻るんだよ」というのを思い出しました。

 最短最速設定のナビ、恐るべし。抜け道がない場所で最短最速は設定しない方が良いです^^

 工事のトラックしか来ない場所に待機している旗振りのおじちゃんが言うには「あと40分待ってたら行けるけどね」

 

 帰りに大分市内の用事を入れていたので、速攻撤収。バイクなら楽しいだろうねぇ・・・でももう来ないよねぇ・・・時間に余裕があったら、バイク旅きっと楽しいだろうなと思える道路事情ですよ (-"-)

 

20160727-6.jpg

 宮崎県内はすでに稲刈りができる状態でした

 

20160727.jpg

 日向市内でお昼、海鮮丼とお寿司、マグロのアラの味噌汁。

20160727-1.jpg

 マグロの胃とタマネギのかき揚げ    2個で100円  どれもかなりな美味です

 普段山の中に住んでるので、海に来たらやっぱり新鮮な海鮮がイイ

 

 

20160727-2.jpg

 豊後大野市で地酒の試飲をして

 

   20160727-7.jpg

 あっちに寄りこっちに寄りで、帰りは370㎞。二人で行くから楽しめます。一人じゃ行って帰るだけです・・


nice!(5)  コメント(6) 

九州教区僧風林 [研修会]

20160726-10.jpg

 昨年当寺を会場に開催された九州教区僧風林。今年は、宮崎鹿児島沖縄三県宗務所様の受け持ちによって昨日から宮崎市内のお寺で行われています。地元宮崎県はもとより、福岡県や熊本県から、小学生が11名の参加です。暑い中、お経の練習を中心に僧侶のイロハ「僧風」を学びます。

 会場になった本永寺様は600年以上の歴史あるお寺で、元々この地で創立以来檀林(だんりん 僧侶の学校)であったとのこと。「ちびっ子たちがその歴史に学んでくれることは大いにうれしい」と、住職もみんなを励ましていました。

 

 私はといえば・・・・

 うちの寺から片道270㎞ほどなので、一人で運転していくのも大変・・Mさんを運転手に頼み、二人で開林式式典に参加しました。なにせMさんと一緒ですから、まっすぐ行くはずもなく、久住竹田経由延岡周り、途中道の駅で買い物休みしながら約4時間半です。

 3時頃には式典が終了したので

20160726.jpg

 宮崎神宮を拝観 

 

 

 夜は、宮崎駅近くのホテルに泊まり

DSC20160726.jpg

 ムール貝のスープ蒸し

DSC20160726-1.jpg

 トマトソースのパスタ

DSC20160726-2.jpg

 ?のパテ

DSC20160726-3.jpg

 都萬牛のロースト

 

  DSC20160726-4.jpg

  そして〆はミスドのマンゴーヨーグルト

 二人で食べると種類たくさん、量少なめで食べられるのが良いですね。

 

 

 

 子供たちは、先生たちと合宿センターでお勉強です。 所作と座学で、習礼(しゅらい)と言います。

 

 

 


nice!(3)  コメント(3) 

それぞれに [花]

     20160725.jpg

   ほんとに地味な花の夏エビネ

 

20160725-1.jpg

 こちらは、カラースプレーした?菊です。初めて見ました、これでも生なんですよ。

 

 民主主義はそれぞれのいのちが大切にされる、そういう権利を生まれながらに持っているとお互いに認め合うことが大きな特徴です。それに対して、ISイスラム国では、民主主義を根底から否定し、奴隷制度さえ許されると主張します。イスラム教の内容は知りませんが、一神教的には考え得ることなのでしょうか? 対立と憎悪、支配と被支配のみでこの世界を維持できるというのでしょうか?

 すべて人は何らかの安定を求めます。

 支配する者だけが幸せを享受できる安定した体制。お目こぼしやおこぼれだけをありがたがる心持ち、そういう暮らしをあなたがしなければならないとしたら・・・・・

 

 報道関係者が首相と飲食を共にして政権寄りの報道をするように自社をコントロールする、

 それも一つの「お目こぼしを有り難がる」 卑しい心根ですよね。自分のことしか、支配する者の立場しか頭にないのですから。どんな理屈をつけても、それぞれに価値のある、生きることになんの疑いも抱く必要のないいのちを生きる。そういう生き方を支える道ではないですよね。

 大政翼賛会ならぬ体制欲賛会が、今の大手報道各社の姿なのでしょう。民主主義を否定し破壊しようというISと何ら変わるところがありません。見かけ上、人を殺さない、武器を使っていないだけ。


nice!(6)  コメント(5) 

ひとなみ [思い出]

 連日の暑さ日本一、日田! 日中はなるべく外に出ないを実行していますが、前の小学校では小学生の野球チームが元気な声で毎日練習しています。「夏に鍛えろ!」ですね~グランドゴルフの方々も朝から元気な声でやってますし~その元気がちょっと欲しいところです。

20160724-11.jpg

 町掃除の日でした。たばこの吸い殻が目立ってますね。

 

  DSC20160724-1.jpg 

  先日里帰りした姉が摘んでくれていたドクダミが、いよいよお茶になります。ドクダミ茶もコーヒーも麦茶も・・・おいしく頂きます ^^  飲み過ぎないようにしないと、おなかがザブザブになって逆効果ですかねぇ

 

 

 

DSC20160724.jpg

 夜は、Mさんとちょっとそこまで祇園の晩山見物に。風がないので蒸し暑かったです。

 この人波・・・この方たちは日頃はどこにいるの??の日田の夜

 

 

 いつもリンクを張っている内田樹先生が日弁連主催の講演会でお話しになったコピーが、こちらに掲載されています。少子化対策や経済成長政策の問題点について弁護士さんの質問に答えるという形です。是非ご覧ください。

 


nice!(6)  コメント(4) 

あんた誰? [人]

今日も盆前の大掃除です

DSC20160723.jpg

    窓ガラス拭きと廊下のワックスかけ

    DSC20160723-1.jpg

   地道に日々頑張る・・・

 

 ちょっと古い話ですが、母が施設で七夕飾りの短冊に書いたことは

  DSC_0755.JPG

 今晩お通夜を営んだ方は母より一つ上の方でした。入院先の病院で「胃瘻するかしないか」となったときに、お医者さんが、「もうお母さんはお年ですし、胃瘻はなさらない方が良いと思いますよ。点滴で様子を見ましょう」と言われたのだとか。認知症も進み、食欲が極端になくなってきたときどうするか?先日、うちの母も入所先の施設から胃瘻の承諾の件で書類が届きました。

 「一生病気をしないで長生きしたい」  一生ってどのくらい?できるだけってどれくらい?

 遺漏するかしないか、は私の中では結論が出ていて「お願いはしない」なのです。「人としての尊厳を保った状態で死を迎える」のが私の中では理想ですから、必要以上の医療は受けない。母の願いも「病気をしないで」ですから、あながち私と違うものではないと思います。父は元気な頃、「呆けないで死にたい」と言ってました。病気になって70歳という早い年齢で亡くなったので、その願いだけは聞き届けられたのですが。もうその父が亡くなって30年目です。

 母も祖父母が元気で長生きでしたから、まだまだ長生きするでしょう。浄土で再会したときに、「シワシワのあんた誰?あんなにきれいだった○○○?ほんとかい」っていわれるかもしれませんが・・・

 

DSC20160723-2.jpg

   アケビの実がそれらしくなってきました


nice!(7)  コメント(9) 

伊勢崎賢治 [本]

DSCF20160722.jpg

 今日は、水難で亡くなった方々の供養碑「竹田の宝塔様」の掃除に行ってきました。カンカン照りです。

 

 

 

「日本人は人を殺しに行くのか」 戦場からの集団的自衛権入門

 伊勢崎賢治著 朝日新書

紛争屋を自称する伊勢崎賢治氏の著書の 185ページからちょっとご紹介します。

 稼働していようといまいと、原発施設の脆弱さは同じです。こんなものをよくこれだけ日本の沿岸に造ってしまったのだと思います。狡猾な敵は”外”からではなく、”内”から狙うのです。原発の作業員にどこかの国がスパイを紛れ込ませるなんて簡単な話です。

 安倍首相は、国民の生命を護るのが使命と高らかに宣言しました。この言葉の重みを今一度、しかと考えるべきです。日本は、狙われたら日本どころか地球規模のダメージを発生させるものを、わざわざ国土の縁にずらりと並べた、国防上、最も脆弱な国家なのです。そもそもこの国を守るためには、単に武力を増強すればそれで済むという話ではありません。

 これは、COINにとって大切なことの話と全く同じ構造のものです。なるべく”敵をつくらない”こと。それが日本にとって、最も安上がりで効果的な「国防」の方法なのです。そのためには、「敵を作らないための素質」を高め、他国の敵愾心を煽るすべての行動を慎むことです。 】

 

 原発の危険性はもちろんですが、集団的自衛権容認のための15事例の虚構についてもしっかりと検証されています。非常事態条項創設が見えてきた今、この国と国民の安全についてしっかりとした意識の共有をするためにも是非ご覧ください。

    2025321.jpg

 危険ドラッグの政府広報ですが・・・ドラッグよりも

 非常事態宣言は「1回だけ」でも危険です。

 もし、甘い言葉で改憲を誘われたら、しっかりと断りましょう。


nice!(8)  コメント(5) 

祇園 [まつり]

DSC20160721-1.jpg

 

DSC20160721-2.jpg

 

DSC20160721.jpg

 

DSC20160721-3.jpg

 

DSC20160721-5.jpg

 立派なカメラを首から下げたおばちゃんもお二人、山車の巡行に連れて移動しておりました。福岡から撮影に来られたのだとか

 

DSC20160721-6.jpg

 

 これから日田駅前で市内9基の山車の集団顔見せです。

 

 


nice!(9)  コメント(5) 
メッセージを送る