So-net無料ブログ作成
検索選択

お盆前 [いのち]

DSC_0173.JPG


 お盆前の墓地の草取りしました。


 手の入りにくいところは除草剤という名の「草殺し」を散布します。


 通路には種がこぼれてケイトウやヒャクニチソウがたくさんできています。花も咲いてきれいだけれど、お墓掃除に来た方には邪魔らしく、毎年遠慮会釈無く抜かれてしまってかわいそうなので、花の先だけ切って永代供養堂に飾って後は私が抜きました。結局花にとっては抜かれることは一緒なんで、毎年悩ましいところです。Mさん曰く「花が咲く前に抜けばいいじゃん」・・そういう問題ですか・・・


DSC01187.JPG


 草取りをしていたら、近くの方がご夫婦でお墓掃除にいらして、「うちのお墓も掃除がだんだん大変になってきて・・どうしようかと思ってます。納骨堂もイイかなぁって思うけど・・・こちらの納骨堂空いてますよね」って言われます。そのおうちはお祖母ちゃんが大信者でうちの墓所にお墓を作られたのですが、元々は檀家ではありません。


 商売をなさっているし、「息子さんたちと相談されたらどうですか?」って言いましたら、「息子たちはきっと納骨堂がイイっていうね」とご主人。私は地元に住んでいる息子さんたちにお墓をしっかり守っていく姿勢を伝えることをお薦めしましたが、将来的にどうなることやら。



DSC01182.JPG


 小さな灯籠も30基作成。精霊様送りの時の消防署への届けも済みました。




 今度の土日  初盆参りが15軒(息子と3人で、それぞれお参りします)あるのですが、台風5号が直撃しそうです。どうなるやら心配

nice!(4)  コメント(2) 

深く [人]

008.jpg


 今月の教句は 「楽しみは 苦の あとから」



 元々の経文は


「深く諸々の邪見に入って(いる人は) 苦をもって 苦を捨てようと試みる」です。


一つの嘘をつけばそれを正当化するために次の嘘がいる、に通じるものがあります。


今があまりに苦しいから他の苦痛で紛らわそうとする。


紛らわせないどころか、もっと大きな代償を払わねばならなくなるかもしれないのに。


よこしまな考えというのはそういうものです。


 


nice!(4)  コメント(0) 
メッセージを送る