So-net無料ブログ作成

誰でも [人]

    DSCF4665.JPG


  朝一行商で売りに来るKさんのイカの塩辛を、ごま油で和えたご飯に載せ、卵かけご飯!

 これも、たまには良いですよ~~




 今、車にまつわる嫌がらせが話題になっています。随分前ですが私も、高速道路で似たようなことをされている場面に出くわしたことがあります。工事中の車線規制があっていて、わざとじゃないのにブロックしたような形になってしまった車が、後ろの車から煽られ追いかけられ、進路をふさがれている。それを目にして怖いなぁと思いました。


 剥き出しの敵意というのか、対抗心というのか。我が身をも滅ぼすようなそういう心は一部の人だけにしか無いのかというと、そうじゃないよ!誰の心の中にもあるんだよ、というのが仏教の立場です。


 それをどのように制御できるのか、統御するように一生懸命勤めるのが修行です。最初からなんでもできる人はいません。お釈迦樣ですらそうだったのですから。そう考えれば、ちょっと気持ちが楽になりますね。

nice!(3)  コメント(2) 

Liberal [人]

DSC20171008-3.jpg

      




  現代ビジネスで山口真由さんが次のように

「アメリカのリベラルと保守」について書かれています。


 【 リベラルは「人間の理性」を絶対的に信じる経済不況や格差は政府の積極的な介入によって解決し、野蛮な帝国は軍事介入によって折伏する。そうやって理性的な人間がコントロールできる領域を広げれば、多種多様な人間が共存できる理想的な社会ができあがる。こうした一種の理想主義は、自然を耕し、従えるという発想につながる。


 対する保守は、人間に対する深い懐疑がその源にある。荒野の開拓者を原風景とする彼らにとって、大いなる自然の前に人間はあまりにもちっぽけだった。だから、彼らは自然を支配するなどというおこがましい発想を捨て、政府の介入は最小限にし、市場は自由競争に委ねようと考える。


 そんなわけで、アメリカのリベラルは、憲法改正反対や原発再稼働反対を主張する日本のリベラルとは、真逆の立場をとる。


 リベラル派の判事は、時代に合わなくなった憲法を解釈によって変更しようとするのが常だ。「解釈改憲は許されない!」と批判するのは、アメリカではなんと保守派の判事である。また、人間が自然をコントロールすべきとの発想から、アメリカのリベラルは原子力発電を人類の輝かしい到達点と考えている。 】



  ちなみに

  あの保守を標榜するジミントウは


 Liberai Democratic Party なんですって



 そもそもアメリカの大前提である自由と民主主義は

 日本のあるべき良き伝統とはなじまないというのが今のジミントウの大前提ですから

 守るべき保守の理想が違うんですよね



 アメリカ的リベラルの王道をいくジミントウが同時に守旧であるというねじれ、人間ってそういうものですね。


nice!(6)  コメント(8) 

家庭教育支援法って? [人]

現代ビジネスプレミアムの社会欄に次のような記事が載っています




【 ジミントウの文部科学部会は法案を了承し、早ければ次の国会に提出される可能性がある。小池百合子氏も推進派に名を連ねているので、選挙の争点としては注目されていない。


 この法案による家庭教育支援に教育委員会は関与せず、文部科学大臣が基本方針から具体的内容まで広範な決定権を持つ。そこに歯止めや限界はない。大臣の決めた方針が全国の学校・住民・保護者へストレートに浸透していく。 



 この法案は、超党派の国会議員による「親学推進議員連盟」の方針に添って作られた。


 新自由主義政策で格差と競争が強まるなか、政府への不満をそらしつつ国民のアイデンティティーを保持する手段として「家族の意義」を強調する


 社会保障の削減にあたって国民が目指すべき模範として「国に頼らず自立した家庭像」を提示する。 】



 あの手この手で家族の意義を強調し、新自由主義政策でもたらされる重大な欠点(格差と過度の競争)を国民の自助努力で補わせる。




DSC20171008-2.jpg

nice!(4)  コメント(5) 

いとこより [人]

 きょうはMさん方のいとこより

 静岡、山口、長崎、福岡から集まりました。


   DSC20171010.jpg





DSC20171010-1.jpg





   DSC20171010-2.jpg





DSC20171010-3.jpg





   DSC20171010-4.jpg 


 宴会の後はみんなでカラオケに行って


 秋の夜長  楽しみました

nice!(5)  コメント(5) 

なんちゃいいながら [人]

 今うちのお寺はポケモンGOのポイントになってるらしくて、 5・6名がたむろしていたり、おばちゃんや高校生が来て楽しんでいます。今朝も別々に2人。

この間は50代のおばちゃんが「あ、ここの住職さんですか?ちょっとお邪魔しています。良いですか?」というので、「構いませんよ~。で、どんな感じなんですか?」って、スマホを見せてもらいました。彼女曰く「ここは相手が強いので大勢で来ないとやられるんですよ!」とのこと。どおりで何人も来てるときがあるんですね。おじちゃんたちもいますよ。だいたい私より一回りくらい若いけど・・・


 そんな話しをしたら「ポケモンGOなんかやってるときか!」っていう方もいますけど、趣味だからねぇ~


ミサイル危機とか選挙騒動とかいろいろあるけど、なんちゃいいながら無関心な人には平和なんでしょう。





DSCF20171009.jpg


 今週14日は、吉井町の本佛寺様で日蓮聖人ご命日法要の御会式です。今年は万灯行列に参加するので、準備中。

nice!(7)  コメント(8) 

剥き出しのきぼう [人]

   DSCF20171008-2.jpg


 たくさん頂いた栗を使った栗ご飯



  DSCF20171008-1.jpg


 今日の婦人会料理は栗ご飯にカボチャのコロッケ、酢ものに持ち寄りのイチジクのコンポートと果物、漬け物。それに身延まんじゅう!

 ご馳走です。



DSC20171008-1.jpg




DSC20171008.jpg


 暑さが戻って墓地の中も花盛り  コスモスにシュウメイギクにサルビア



 今、時代は剥き出しの権力や力への憧れというのが「普通に表明されても良い」という風になりつつあるのではないでしょうか。草食男子・肉食女子とか捉えられる若者たちの姿があり、女子の勢いはそのままに草食男子がなりを潜め、なんだか威勢の良いことを言う男が羽振りを利かせつつある。決してカッコいいと言われる訳ではないけれど、なんとなく存在感のようなモノを醸し出す。「そんな小さなことを言うな!」とか「国家の立場で考えろ」とか・・・


 例の、神奈川の障害者施設殺人事件の犯人に共鳴できる、支持すると公言するモノも現れて、弱者切り捨て優生思想の復活の道がほんのりと姿を現してきてるような気がします。


 景気が上向いていないという実感、自分の取り分が増えてこないという苛立ち。増えるどころか減っていくかもしれないという不安。モノの上に心を、私たちは御神輿のように乗せて生活しているので、他者を精神的に貶めても自分が上にいるように思い込みたいという、強烈な自己保全的感情が沸き上がっているのではないかと思います。


 自分が稼いだモノは自分が使いたい。テレビでも「選挙では、消費税のことが一番気になる」という若者がいました。もちろん安全保障が気になるという若者も。


 自分が稼いだモノは自分が使う。それが資本主義の原則でしょうが、社会は稼げる人だけのものでないことも事実です。政治屋も宗教家も稼ぐこととは縁が無いですし。


 自分が今どのような立場にあるのか?

 そして今どのような立場にあるかは別にして、自分が社会的弱者になる可能性はないのか?


 いわゆる健常者はショウガイ者予備軍ともいわれます。

 今自分の立ち位置がどのようであれ、弱い立場の人に向けるまなざしがなければ、人間としては修業が足りないのではないでしょうか。


 希望はすべての人に保証されねば希望とは言えません。

nice!(7)  コメント(3) 

白紙委任 [人]



 この記事で見ると、彼は小池都知事への周囲の忖度度は相当なモノだと、それを嫌って都ファを抜けるようです。忖度される側の小池都知事は「しがらみの無い政治」を公約に掲げていますが、はてさて有権者はどう判断するのでしょう?


 そもそも、しがらみが無い人っているんでしょうか?しがらみを切ることはそんなに簡単なことでしょうか?いわゆる族議員はその典型ですが、票としがらみががっちり結びついているから、切れませんね。小池さんはそういう意味では浮動票で勝ち抜いている感じ=しがらみが少ないようですから、スパッと切れるのかもしれない。


 でも、豊洲問題でもそう簡単にはいってないようですから、切れ味や如何に???



 しがらみを切るということはまぁ普通にいえば冷徹、非情が思い浮かびます。今風といえば今風。若い人には受けるかもしれません。切られる側のことを考えないことから言えば、いわゆる寛容でもない。


 さらに彼は、抽象的な文言が並ぶ協定書に署名することを問題視しています。


 これは非常に大事なことです。というか、当たり前のことを当たり前に言っているに過ぎないのです。


 どうしてそういうことが、問題にならないのでしょう。


 公約以前の問題です。高い日歳費をもらっているのに、議員が個人として自由に活動できない・しないなら、議員の価値はないですね。ジミントウ議員はそれに近い、他もほぼ同じ。




DSC20171005-4.jpg


  ネコはしがらみも忖度もなく、自由ですよ~~人を思いのままに操ります~~

nice!(7)  コメント(8) 

排除? [人]

DSC20171005.jpg


 Mさん曰く「まぁ菊みたい・・」な秀明菊^^


DSC20171005-1.jpg


                    一重のも普通にあります




 朝電話で「お訪ねしたいのですが」と、訪ねてきたおばあちゃん。ずっと以前も2回ほど相談事でお見えになった方でした。今回はというと、たまった不満を誰かに聞いてもらいたいというのが本音だったようです。


 近くの人に言うわけにいかない家族への不満。「嫁の悪口、言いたけど言えない」それはご本人もよく分かっていることですが、でも誰かに言いたい。で、あそこの坊さんなら、近くじゃないし、聞いてくれるだろうと白羽の矢が立ったようです。


 身体の痛み、嫁のこと、息子のこと、孫のこと、お墓のこと、家のこと、亡くなったご主人のこと。色々お話になって約1時間半くらいですっきりしたんでしょう。でも「やっぱり私が我慢せんといけんですかねぇ?」と仰るので、「我慢するといらいらが募って身体がもっと痛くなったり、眠れなくなったりしますよ。我慢はしない方が良いです。ただ、今までしてきたことに一言付け加えたらどうでしょう。朝一緒にご飯を食べるなら、週に1度でも『あんたがご飯の用意をしてくれるからうれしい』って。老若男女、どんな人でも誰でも認められたいって思っているんだから、そこをちょっと一手間加えてみてください。『あんたが』っていう一言、誉めるんじゃなくて認める。おばあちゃんは頭がすっきりしていろんなことが見えすぎるから、自分で背負いすぎですよ」とアドバイスしました。「また来させて下さい」って言われて帰られましたが、さてさて言うは易く行うは難し・・・


 分かっちゃいるけど言いたくない。特に身近な人には。みんなわがままだから。でも昔から言われるように、相手を変えようとすると大変なんですよね。自分が変わる、ちょこっと変わればみんなが楽しくなれる。 


 幸せのコツは「排除ではなく認めること」です。






 


   DSC20171005-3.jpg


 誰でも「あんたはダメ!」って言われたら、腐りますよね



nice!(8)  コメント(9) 

?キボウノ塔? [人]

 「鬼謀の党」のセイサク協定書


     hjgfdsa-76929.jpg


      majyoさんのところでコピーしました


 頭の良い人は教祖様は外国語を使いたがる・・なんでわざわざワイズ・スペンディングなんて使う?なんでわざわざアウフヘーベンなんて使う?カッコいいから?


 「他の国の政治家もそうですか?」  なんで日本語があるのに使わない?って、記者もそこを聞けば良いのに。どうしてもその言葉でないと自分の思うことが言い尽くせないとでもいうのでしょうか?日本語はそんなに不自由な言語だと、まるで「方言でないと自分の気持ちにしっくりこない。標準語じゃダメだ」そういう感覚で外国語を使うのでしょうか。


 「日本語じゃ悪りぃんかい!」 誰か言って下さいな




 そうして


 「党に資金を提供」って、手作りの党っぽいですね。現実は民進党の政党助成金狙いだとか言われてるようですが


 どっかで見たような


 そうだ!新興宗教のお金集めに似てる!

 上納金であったりお布施であったり冥加金?

 たくさん納めた人は金額相応の幹部に上れます!


 すべて教祖様の言うとおり

 相手の信条を試す踏み絵

 本気度を試す上納制度、これはほぼ新興宗教のやり方そのまんまです。 


怖いですねぇ


 寛容な保守どころか、日本語軽視のほぼ新興改革宗教団体・・キボウノ塔


nice!(6)  コメント(6) 

それぞれに [人]

010.jpg


 韓ドラを見ていたら

 「『民を救うには魚をやるより釣り方を教えよ』という言葉があります」というシーンが


 たしかにそうかもしれませんが

釣り竿を買えない民もたくさんあるのではないでしょう。直接的に魚を提供することも釣り方の伝授も、どちらもTPOで必要です。


 仏さまは釣り方を伝授してくれました。菩薩は道具の購入や魚そのものを与える、そういう働きをしました。それぞれの働きがあるのです。            合掌

nice!(9)  コメント(5) 
メッセージを送る