So-net無料ブログ作成

目線が [人]

DSC20190217.jpg


 今日は憲法九条を守る日田の会総会でした。憲法カフェやピースキーピングコンサート、年2回のデモに講演会開催など、けっこう事務局員一同一生懸命頑張ってますが、一般の方の関心は低いですね。人権の制限など自分との関わりが感じられないと、憲法なんて関係ない話だと思うんでしょうね。国防の字句や非常事態条項で一旦制限されたら、もうそれで終わりなんですけどね。




    20180217.jpg

 くろねこの短語さんのところからお借りしました。増える「統治者目線の被統治者」という感覚。若い人にはそういう感覚があるように私も思います。まるで自分がこの国の統治者であるかのような感覚。主権者であっても直接的には統治しているわけではなく、政治的には被統治者であるのに上から目線で政治を語る。万が一非常事態ともなれば、その感覚のズレが自らをおとしめることになろうとは・・・です。まさか自分が!にならないように、主権者としての感覚を、自分や家族の人権をどうやったら守れるかを学ばねばなりませんね。

nice!(0)  コメント(0) 

真心の [人]

20180216.jpg


 大分市の一乗寺様で住職の帰山式典、荒行修行から帰りましたという報告式です。前日の雨も上がり、ほどよいお天気に恵まれました。


20180216-1.jpg


 彼は3回目の修行ですが、行中に約20㎏体重が落ちたといいます。


20180216-2.jpg


 私の甥っ子も今回同行の修行をしたので、岡山から出仕しています。

 たくさんのお檀家さんにお迎えを受けました。


20180216-3.jpg


 最後に謝辞を述べられた筆頭総代さんは97才だとか。そういう方が一生懸命お寺を守られて、次の世代へとバトンタッチしていくんですね。年齢からすると、住職はお孫さんの年です。若い方が頑張っている姿を見るとたくさんの力をいただけるでしょうね。逆もまたありです。






 帰れば今日は久しぶりのパンの日

DSC20180216.jpg



DSC20180216-1.jpg



DSC20180216-2.jpg


 美味しいパンが待っていました。






nice!(4)  コメント(3) 

雪の中で [人]

 今日はチーム大分の梅山さんのお誘いで、日田市小野公民館でのボランティアに参加しました。

 ひちくボランティアセンター主催の「地区住民との交流会」には、

中尾ミエさんと福岡政行教授に、教え子の広島県立大学の学生さんたちが多数参加。お話と歌と、くじ引きで楽しみ、ダゴ汁と綿菓子と梅ヶ枝餅の差し入れ!私たちは梅ヶ枝餅班です。


20180212.jpg



20180212-1.jpg



20180212-2.jpg



20180212-3.jpg



20180212-4.jpg



20180212-5.jpg


 故郷や花、可愛いベィビー♪を替え歌にして ♪ 可愛いバァバ ♪


 中尾ミエさん、気さくな方ですねぇ


20180212-6.jpg


 雪がシャンシャン降る中、胃袋と心は暖かくなりました (*^_^*)

nice!(10)  コメント(5) 

国家とは [人]

DSC20180211-2.jpg

                         満開のマンサクの花 



 法華経において釈尊は自らの立場を

「私は実は、始めもなければ終わりもない、無始無終の古仏、久遠の仏である」と明らかにされ、「だからこそ、常に生きとし生けるものとともにある」と宣べられました。観念でない、現実の姿としてともにあるのだと。今までがそうであったように、これからも添い続ける仏さまであり、その釈尊が現実にいらっしゃるのがこの娑婆世界=浄土であると。



DSC20180211.jpg

 人の一生は短いです。一瞬のきらめきのように短い人生だからこそ、今この時代にこの名前で生きられることを感謝して生きていければ幸せなのですが。




 今日は建国記念日、建国以来2678年だそうですね。現存する国家では一番歴史が古い?

 始めもなく終わりもないことがステータスである仏さまと、いつから始まったかが重い国家と、人の時間に対する思いは様々です。国が続いていることが重要になって、誰がどのように続けていこうとしているのかは二の次になっていませんか?と問いたい。中身はある意味どうでも良くて、未来際までも繋いでいくことにスタンスがおかれる。奉祝式典の中で参加者が「国家の独立云々のために自主憲法制定を」というようなことを宣言されていましたが、国家の独立云々を言うのなら、この国の憲法の上位にある日米地位協定の破棄こそが優先されるべき課題です。今は自由に政策が決められないのですから。そこを見ないで、スルーして人権の制限などのために改憲がいくのなら、あの国のための従属国家であって国民は使役される労働力程度になり、生かさず殺さず・・



 

 ところで

 仏教のいう国土はあくまでも仏さまの慈悲の教えが行われる浄仏国土です。仏国土は永遠に花が咲いてきれいでご馳走があって云々ではなく、実は自由意志で自分を治められる人を仏と言い、その人たちが住むところを浄仏国土というのです。領土領海領空のある国家ではありません。



 人がいて国土があって国家がある。国家のために生きたいと願う人もいるでしょう。そこに幸せを感じる人もいるでしょう。誰かに捧げ尽くす人生も尊いですが、決めるのは自分です。幸せを感じても共有する相手があってこそ。悔いの少ない人生を生きましょう。人の一生は短いのです。 



DSC20180211-1.jpg

nice!(6)  コメント(3) 

シネマ アルチ [人]



DSC20180210-1.jpg



  西日本新聞から

 今月12日から14日  福岡市で

「明日へー戦争は罪悪であるー」



nice!(8)  コメント(4) 

働かせ放題 70年ぶりの大改革 [人]

DSC20180209-1.jpg


 用事があって中津江村に行ったら、下筌ダムの湖面が一部凍っていました。昨日の寒波で凍ったのでしょうが、1センチ以上あるようです。小さな石くらい投げてもびくともしませんでした。きれいですねぇ






 またまたお得意の閣議決定



 先ほど冬季オリンピックが開幕し、そちらに国民の目が向いている今、またあの人たちは

こっそりと?以下のような閣議決定をしているのですね。




 70年ぶりの大改革、岩盤規制にまた穴を開けたと自画自賛?


 「国民を守る!」ジユウミンシュトウが如何に国民を使いまくることに血道を上げ、その実現に日々知恵を絞っている政党なのかが如実にわかる、お話です。労働者・被雇用者は彼等のいう国民ではないのでしょう。国民=財界人大喜びの働かせ放題法案、次はこれをやるんだそうですよ。戦争だっていざとなったら働かせ放題ですからね。考え方はまったく一緒です。


 そういう政党が改革政党として若者に人気があるんですから、意図するところへの学びが足りませんね。教育と労働の抜本的改悪を基礎とした戦後社会の作り替えが、今の政権の目的です。アメリカとタッグを組んで世界を支配する・・・悪の枢軸ですか・・・美しい国コバンザメ日本!

nice!(9)  コメント(3) 

福は [人]

 水道管が破裂する気温はマイナス4度が境らしいですが、今朝は今冬一番の冷え込みだったようで、日田でもマイナス7度。この温度は大体3年に一度は来てますね。雪が降って積もるようなときよりも、天気が良くて放射冷却があるときのほうが気温は低くなりますよね。ボイラーのお湯が出なくて困りました。厨房の方はぬるま湯をかけて復活です。自宅は昼頃までダメでした。明日もこんな感じなんでしょう。


 今日は日蓮聖人の第797回目のお誕生日法要「初御講」並びに星祭り法要です。

誕生日祝いにお供えした紅白の小餅をお持ち帰り(^^


DSC20180208.jpg





   DSC20180208-1.jpg


 祈願お話の後は、年男年女の方に手伝っていただいて豆撒きをします。今年は女性ばかり5名でした。


DSC20180208-2.jpg





   DSC20180208-3.jpg


  ♪ 福は内~ ♪ 福は内~  ♪


  撒くのも拾うのも楽しいですよね



私の福は風邪とともに来たようで

体重量ったら3.4㎏痩せて62,6㎏ よっしゃぁ~です

それをMさんに言ったら「私も風邪引いて食べてないのに体重変わらん・・・なんでっ?代謝が悪いのよね・・・」とちょっと機嫌を損ねてしまいました ><



nice!(6)  コメント(3) 

地獄に仏 [人]

 お隣韓国でも釜山は福岡空港から正味35分!ほんとに近いです。9:20分発で釜山中心街の屋台村ピフ広場へはお昼には着きます。


20180129-13.jpg



20180129-15.jpg



20180129-1.jpg


 まず一番に食べたいと言っていたホットックを2人で1個食べ(あれもこれも食べたいので)トッポギに餃子を堪能し、100㍍も離れてないお目当てのジャガルチ市場へまっしぐら


20180129-14.jpg


 海鮮料理のジャガルチ市場へ行く途中も青空市場になってます ↑ とにかく魚の種類が多い


「刺身は食べなくて良いよね」と言いながら赤貝と大きな黒い貝とアワビを選んでいると、頼まないのにおばちゃんは勝手に蛸を加えようとしています(笑  Mさんは生の蛸が嫌いなのですぐ却下!  おばちゃん曰く「蛸美味しいのに・・・」


20180129-2.jpg


モノを選んでお店の人が一緒に2階へ連れて行ってくれ


20180129-3.jpg


待ってる間に付け出しセットが並んで、バター焼きの貝が出てきました。刺身でも塩焼きでもなんでもOK!貝はとにかくでかいです。食後、乾物を買いに同じ階を回っていたら、頭になにか荷物を載せたこんなおばちゃんも働いています(*^_^*)


20180129-4.jpg


 食後は


 時間がたっぷりあるので「地下鉄で梵魚寺(ボムサ)に行こう!」 自販機は英語・中国語・日本語・ハングルが選べて表示と音声案内付き。親切です。でも5000ウォン札以上は使用不可!何回入れても戻ってきます。


 1ウォンが約0.1円だと思っていれば大丈夫かな


20180129-5.jpg


 最初乗り場の上下線がわからなくて不安だったので、1回改札を出たら1回乗ったとカウントされて、往復切符がパーになってしまいました。それからはしっかりと行き先表示を2人で確認して乗りました。駅員さんが見当たらないんです。6回利用して、地下鉄では駅でも構内でも1回も見なかった。

 繁華街のジャガルチ駅から30分以上乗って郊外の梵魚寺駅へ。それからタクシーに約15分くらい乗って山を上がると


20180129-6.jpg


 曹渓宗大本山 梵魚寺へ


20180129-7.jpg


 本堂大雄殿で法華経を読誦し

 駐車場に戻ったらタクシーいません。他の参拝者がどんどん下っているので一緒について行ったら、団体様のバスしかない・・・横のコンビニでなんとか聞いたら「ほらっ!すぐそこに循環バスが来るから」と言うので(身振りで)


20180129-8.jpg


 待ちます。でもどうやってお金を払うのかいくら払うのか??で、右隣のおじちゃんに尋ねると、英語混じりでしっかり教えてくれ一緒に乗り込みます

(一律1人1300ウォン前払いでした。)


20180129-9.jpg


 今度はどこで降りればよいのかわからない・・・ところを、「ほらここで降りて」と、一緒に降りて案内してくれて、地下鉄の駅構内へ・・・ここまで来れば、後はお礼を言うだけ!のはずが、お札はあれど1000ウォン札がない・・・誰もいなければ外に出てコンビニへ行って何か買って細かく(両替)すれば良いのですが、おじちゃんが「いいからいいから!」と1000ウォン立て替えてくれました。お礼しか言えず、頭を下げるしかありませんでしたが、彼はすっと階段を上がって行ってしまいました。全くの見ず知らずのおじさま、ありがとうございます。


20180129-11.jpg


 電車に乗っていると若い子ども連れのお母さんが日本語で相手してくれたり、お年寄りは全くの他人だろうが何だろうが、後から乗り込んできた人と(普通に)知り合いみたいに何か会話しています。スマホで大声で会話している人もいます。大きな田舎という雰囲気で、私はこの雰囲気好きです。


   20180129-16.jpg

   これ見よがしなこんな子たちも  大体若者はこんな感じ・・


Mさんが「ねぇ見て!おばちゃんたちはパーマかけてるね。若い人は染めてるけどストレート」  確かに55才くらい以上の女性はほぼ100%と言って良いくらいパーマでした。文化ですね。




20180129-10.jpg


 豚肉が安くて美味しいと聞くので、サムギョプサルの夕食を堪能(とにかく付け出しがたくさん来るし、おかわり自由でタダ)


20180129-12.jpg


 フラフラ町を歩いて居酒屋へ


 「マッコリ!一人分」で頼んでも「セットです!」で付け出しが付きます。頼んだカワハギ厚手で4枚、美味しかったですが、サムギョプサル食べた後なので食べきれず、こっそりビニール袋に入れてお持ち帰り。それにしても、ブルーベリーマッコリ、量が半端ない・・一人前なのにピッチャーですか・・・1リットルはありますね<(_ _)>  4%くらいだから私でも酔わないくらいですけど、これで一人前ですか・・・


 キムチにしても餃子にしても、付け出しの品々にしても野菜をたっぷり食べるのが彼等の流儀のようです。健康的ですね。。



 ガイドなしのオールフリー旅   

 旅をしているという実感があります。仏さまにお参りした後、ほんとに出会いましたし。

お隣の悪口言う人、是非釜山へ行って欲しいですね





nice!(5)  コメント(4) 

光と影と [人]

DSC20180128.jpg


 こんな感じでこの1週間は結構な寒さでした。雪が積もって生活に支障が出た地方の方々にはお見舞い申し上げます。



DSC20180128-1.jpg


 よく見れば、マンサクの花もちょっぴり咲き始めました。節分を過ぎれば春もすぐそこです!





 それは米軍による本土空襲への誘いであり、さらに戦後は日本への原発導入に関しても尽力していたのだと。愛国者・企業人としては当たり前なのかもしれませんね・・


 光と影と、愛国心がもたらす不条理を如実に体現するお話です。






 明日から2泊3日で韓国釜山へ行って参ります。旅行券をプレゼントされていたので、それを使います。Mさんと2人オールフリーの旅なので、珍道中になるでしょう(^^

nice!(7)  コメント(4) 

捧げる [人]

 西日本新聞の1面にバ~~んと「それで何人死んだんだ」の記事が


20180127.jpg


 「誤解を招く表現で沖縄県民や国民に迷惑を掛けた」と記者団に述べた。副大臣がヤジを飛ばすのもみっともないですし、誤解を招くも何もそのまんまのお気持ちを言葉にしただけですから「あなたの、他人の命に対する気持ちはよくわかりました!数こそが大事なんですね」と言うしかないのではないですか?髙村さんは改憲発議に関して「私の相場観では~」なんて述べてますしね。


 こんな記事を見ると、副大臣や代議士が日頃軽く発言していることが丸見えですね。それこそ「こんな人たち」が代議士で高い歳費頂いているんだ・・・です。理想や理念を掲げる生き方ができない人たち。老害でしょうか・・・もともとでしょうか・・・それこそ戦後教育のひずみを一心に体現している方々だと、私は思います。一掃したい人材たちですね。

どこかでちゃんと修行して、ボランティアもしっかりやって、顔洗って出直してくると良いのかもしれませんが。






DSC20180127.jpg


 さて、国土安穏・家運隆昌・心願成就など祈願し、供養を捧げた1週間でしたが、6日間の寒行無事終了いたしました。この週は寒い日ばかりで寒行らしい寒行を勤めることができました。事故も怪我もなく勤めることができたことに、皆さんに、感謝。



nice!(8)  コメント(4) 
メッセージを送る